こうたんの古民家セルフリノベーション
2020年4月からスタートしたセルフリノベーション。DIY初心者が週末にこつこつ進行中~!
Sponsored Links
トイレ編

古民家に全くマッチしていないトイレ!+タイル剥がしから開始する。

 

こ、これが古民家のトイレなのか?

 

Sponsored Links

 

初めてこのトイレを見た時目を疑いました。

林家ペーパーの自宅にお邪魔したのかと思うくらいまっピンクのトイレ。。

(趣味悪~^^:)

 

この時は全く歪みのないトイレだと思い込んでいました。

それが後々の工程に響いていくのでした・・・トホホ!

 

トイレを簡単にリノベーションする方法は沢山あります。このトイレもタイルの上から腰板やボードを張ってしまうこともできます。

でもトイレの総入れ替えでタンクレスにする予定なので、背面に300mmくらいの隙間が残り不細工になることや、洗面台の模様替えもこのままでは不可能と判断し、大掛かりなリノベーションに臨むことにしたのです。

トイレのリノベーションはモルタル張り、水道工事、電気工事、床の基礎の組み直し。壁造り、腰壁張り、石膏ボード張り、パテ埋め、クロス張り、照明設置、換気扇設置など、など小さい空間ながらも、殆どの工程を実施しなければなりません。

このトイレが完成した暁には相当自信もついて、次なる部屋に臨む事が出来ると思っています。

今回、それぞれの工程ごとに紹介していこうと思います。

動画は全ての工程を写真のスライド形式&時折動画差し込みで作ってみようと思っています。

タイル剥がしから開始する。

 

トイレのリノベーションは先ずタイル剥がしからスタートです。

家庭用ゴミ(燃えないゴミ)として、タイルとその奥のモルタルは分ける方がいいと言われ

こつこつ剥がしていきました。

 

この時、、なんど金づちで手の甲を叩いた事でしょう・・・完全に打撲でした。^^:

しかしタイル張りの職人さん。。いい仕事してます。剥がして初めて分かりました。

タイル剥がしに費やした時間は延べ6時間でした。

 

 

この工程でかかった費用

 

1.タイル剥がしの工具:1,000円(ホームセンター)

他は既存の工具で対応済。

Sponsored Links