こうたんの古民家セルフリノベーション
2020年4月からスタートしたセルフリノベーション。DIY初心者が週末にこつこつ進行中~!
Sponsored Links
トイレ編

窓枠の造作+石膏ボードパテ埋め(下塗り&上塗り)

 

天井抜きと間接照明用スペース造作http://rakuen.koji-muroya.com/2020/08/12/202008113/ 天井抜きと間接照明用スペース造...

 

窓枠の造作

 

いよいよクロス張りまであと一歩のところまできました。

長かったですね~^^:

 

今回、歪んだ建物を誤魔化しながらボード張りまでやってきたんですが、

窓枠の一部がボードと重なるというアクシデントに見舞われました。

 

 

 

元々あった窓枠は、

無残にも切り刻むしかない状況でした。

 

 

そのままだと窓枠部分が情けない状態のままになるので、

はまさんから撤去指示が下りました。。。

応援に駆けつけてくれたはまさんが、現物合わせで造作に取り掛かってくれました。

↓は完全に撤去を終えた状態です。

 

材料はホームセンターで購入した杉材(サイズ30*100*2000)

 

 

これが完成したところ

 

完全に大工さんと変わらない。。^^:

 

 

 

その後、窓のサッシの色に合わせ、オイル塗料(ステイン)ダーク系で3度塗り。

 

 

良い感じに仕上がりました。

ほんとにはまさんに感謝です。

 

 

石膏ボードパテ埋め(下塗り&上塗り)

 

次に下塗りです。

これまたはまさんに実演してもらい、その後自分で実施していきました。

難しかったけど、そのうちコテの使い方も分かってきました。

下地が乾いた後はサンダーがけです。

電動を使いました。

但し埃が凄いです。

換気は十分にしておく必要があります。

 

 

下塗りで凹んだビスのところを盛っていても、翌日にはまた凹んでいます。

下塗りは2度行うようです。

クロスがうまく仕上がる事を願って、その時間は惜しまず頑張ります。

 

この辺もまだ下塗り段階です。

サンダーがけはまだ実施していない写真です。

 

 

一部見える梁をオイルステインで塗装しました。

なかなか味が出たと思います。 間接照明がどんな演出をしてくれるか楽しみです。

↓ 梁に注目

 

 

 

こちらは上塗りまで実施した写真になります。

これでいよいよクロスが張れます。

 

 

天井張り

 

 

天井も腰板と同じ材料を使いました。

タッカーで一気に5枚張りました。 タッカーの使い方もだいぶ上手くなってきました。

 

 

 

電気配線と、断熱材を置き、換気扇の取り付けが終わったら、一気に仕上げます。

 

今回の工程の費用

商品はなし

材料:

*窓枠:杉材 600円

*下塗り&上塗りパテ(無料:はまさんの在庫品を使用)

*コテ等は前回のブログでまとめて掲載済

*オイルステイン:約800円

合計:1,400円

 

 

Sponsored Links